Windows10でYoutubeなどを一時停止後再生すると音量が大きくなるバグの解消法

スポンサードリンク

Windows10でYoutubeなどを一時停止後再生すると音量が大きくなるバグの解消法

皆さんもYoutubeで動画を見てる途中で一時停止することはよくあるかと思います。

ずっとそこまで気になっていなかったのですが、おそらくWindows10にした頃からYoutubeの再生を一時停止して再生すると突然音量が大きくなってしまうという現象が起きるようになりました。

先日取り急ぎ回避したのでご紹介。

サウンド効果が原因

Windows10にはデフォルトで「サウンド効果」という機能があります。

この機能は以前からあったはずなのですが、なぜかWindows10にしてからボリューム(音量)関係がおかしくなったという方が結構いるようです。

私もその中の1人ですが(笑)

動画などを見ない方や、そもそもあまり気にならないという方もいると思いますが、この問題は簡単に回避出来るので以下の通りやってみてください。

スタートメニュー]を右クリック > [コントロールパネル] > [ハードウェアとサウンド] > [サウンド] > 表示されたデバイスを右クリック > [プロパティ] > 上にあるタブの中から[拡張]を選択 > 「全てのサウンド効果をオフにする」にチェック > [適用

ちなみにgodModeを使った方法だと、

godMode] > [サウンド] > [オーディオデバイスの管理] > 表示されたデバイスを右クリック > [プロパティ] > 上にあるタブの中から[拡張]を選択 > 「全てのサウンド効果をオフにする」にチェック > [適用

オーディオデバイスの管理]をクリックしたら、あとはgodModeを使わない方法と同じです。

今回もgodModeで数クリックですが短縮できますね☆

godModeに付いては以下の記事で詳しく書いてますのでご確認ください。

皆さんはWindows に存在する『godMode』というのを知ってますか? 『godMode』 ものすごく気になる名前で...

これでYoutubeなどを一時停止してすぐに再生した時にボリューム(音量)が突然大きくなるバグは解消されるはずです。

全てのサウンド効果をオフにすると…

文字通り、全てのサウンド効果をオフにするとエコーなどのサウンド効果は効かなくなります。

個人差はあるかもしれませんが、私はPCにBOSEのサラウンドスピーカーを繋げていますが全てのサウンド効果をオフにしてもあまり変化を感じられておりません。

やはりこの辺は人によって変化を感じるのかもしれませんので、もし気になるような方はデバイスのドライバを再インストールしてみると改善されるかもしれません。

ただしドライバの再インストールだけでは完全に治らないという声もありますのでどちらを選ぶかはご自分の環境に合わせてやってみてください☆

まとめ

今回はYoutubeなどを一時停止してすぐに再生したらボリューム(音量)が突然大きくなる現象の解決法でした。

サウンド効果はWindows7辺りから搭載されている機能のようですが、この現象はWindows10の方ばかりのようなので、もしかしたらよく言う「相性」が悪いのかもしれません。

デフォルトで付いている機能をオフにするというのは個人的にあまり好ましくなく、かと言って現状これといった根本的な解決策も見つからないのでWindows updateなどでなるべく早く解消されて欲しいと思うばかりです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク


シェアして頂けると喜びます☆
Top